池波翔子『SyokoXXX』

エロしりとり

2004年07月31日(土)
何人かに「今日でEUREKA最後ですね。お疲れ様でした」ってメールもらったけど、いや、あのね、お店が終わっちゃうわけじゃないのよ、キミ達(苦笑)。移転するだけなのよ~。

てなわけで今の場所でのEUREKAは今日で最後だったんだけどね。

個々のプレイも終わり、明け方になってフィナーレに相応しく(?)何故だか皆で車座になってエロしりとりが始まる。
これがまた意外と盛り上がってさ。
みんな他人の時はすぐ浮かぶんだけど、案外自分の番の時ってなかなか浮かばなくて四苦八苦。

そんな中、ゆみこさんが「り.....理科室」「た.....体育準備室」って。
一体どんな学生時代だったのよ(笑)。想像力かきたてられるなぁ。もんもんもん。

笑っちゃったのが「ふ」で「ふんころがし」って言った奴。どこがエロやねん。
もちろんレッドカードで一発退場。一本鞭の餌食になったのはゆーまでもない。
でも彼的にはエロだったらしく、ずっとブツクサ言ってたなぁ。

箸が転んでも可笑しいお年頃

2004年07月27日(火)
スナックあそこ スナックあそこ

とある街を歩いてて、ふと目にしたこのお店。
スナックあそこ.......。あそこぉ!?

思わず爆笑してしまった。
あとになってみれば何がそんなに可笑しかったんだろうとか思っちゃうけど、見た時は妙にツボっちゃった。だって下ネタにしか思えなくて。←小学生的発想。
しばらく笑いが止まんなかった。あー、腹いて。

2004年07月26日(月)
「芸をします」
そう言ってチンコにリング嵌めてブロック2個持ち上げて見せてくれたM男くん。

M男

あっぱれ。

手で持ってみたけどブロックって1個でも結構重いんだよね。
「車を引き動かした事もあります」と豪語するそのM男くん。
よくビックリ人間大賞みたいな番組で、歯とかで車を引っ張る人とかって見るけど、あんなんより全然面白いじゃんか。
是非出てほしいなぁ。どう考えてもゴールデンタイム向きじゃないだろーけど(笑)。

胸比べ

2004年07月23日(金)
CIELへ遊びに行った。
なんでそんな話になったのか忘れちゃったけど、沙羅さんと結ちゃんとでおっぱいの話に。
で、誰が一番でかいかと3人でお互いモミモミ。

結果は...

言えるかってーの (苦笑)。

コミック版

2004年07月15日(木)
さんざん『世界の中心で、愛をさけぶ』で涙した事書いたら、何人かのM男くんに「翔子さんてそんなにおセンチだったんですか?」とツッ込まれた。

いやいやキミ達甘いよ。東京女神の鬼軍曹、Na:na女王様でさえ涙したというこの作品。侮るなかれ。

その泣けたというコミック版をNa:naさんが貸してくれた。

世界の中心で、愛をさけぶ

さっそくウチに帰って見たけど、やっぱ泣いた(笑)。

CIEL3周年パーティー

2004年07月14日(水)
私が在籍していた2周年時とは、スタッフが沙羅さん以外まるっきり入れ替わっているわけで、今年のパーティーは雰囲気が随分違った。
在籍女王様が変わると、こうも変わるものなのかとちょっとびっくり。

“黒ミサSMショー” と銘打ってただけあって、とっても今のメンバーらしいショーだった。

Milkちゃんてカワイイなぁ。

三条友美

2004年07月13日(火)
先日EUREKAに来てたM男くんが「三条友美の漫画は最高っス!是非見てみてください」と言っていた。
知らないなぁ。見た事も聞いた事ない。
でもその手の18禁漫画界では知らない人はいないであろう巨匠だそうな。
「三条友美の漫画でオナニーした事数知れず...」とか言うから、そんなに凄いのかと気になっていた。見てみたいなって。

そしたらさ、今日女神行ったらあったんよ。本棚に三条友美の漫画が5冊くらい。

三条友美

「アッ!コレだっ!」思わず声出ちゃった。
Na:naさんも「これイイよ~」と 絶賛するんで、手に取ってパラパラ見てみた。
うへっ、なんかえげつない独特な絵だなぁ。
Na:naさんいわく、最初は馴染めない絵なんだけど見てるうちにハマるとの事。
今度ゆっくり見てみよう。

ウッドベース

2004年07月12日(月)
池波翔子@EUREKA

EUREKAのダイアリーに載ったこの写真。
勘違いされないように補足いたしますと、確かに私はベースを弾くけれど、コレはウッドベース。全く弾けません(苦笑)。

このウッドベースはバンドをやっているバックスタッフの松っちゃんのモノです。
初めて触ったけど、あまりのでかさにびっくらこいた。私がちっちゃく見えるもんね。

子供のように見上げているゆみこさんがなんだかカワイイ(笑)。

フィスト

2004年07月09日(金)
「フィストできます」と、今日来たM男くん。
私は身体でかいから当然手もでかい。小柄な女王様の拳は入っても、私の拳が入るM男くんはそう多くはいない。
「いけるかな?」と手を見せると「いけると思います」と自信ありげ。
ほほぅ。そこまで言うならやってみるべし。
封印してた(してたのかよ?)アナル責めを解禁。
手袋してローション塗って...あぁ、こんな手順もなんか久し振り。
ずぶずぶずぶ。あ、ほんとに入りそう。
やはり指の付け根のとこでちょいとひっかかったが、しばらくムニュムニュやってると、ズボ!入っちゃったよ。
すげぇ。なんか嬉しいかも。

しかしなぁ、昨日まで純愛だ純愛だっつって涙してたのに、今日はM男のケツの中に拳突っ込んで喜んでんだもん。自分で可笑しくなっちゃった。

どっぷり

2004年07月08日(木)
あぢ~。なんだョ今日の暑さは。へろへろで動けない。
いや、いかん。映画館が呼んでいる。行かねば。

というわけで本当にもう1回『世界の中心で、愛をさけぶ』観に行っちゃった。
ひと月前に観た時は我慢できたのに、今日は思い切り感情移入してしまう。
M男と行ったから隣で泣くのは不本意だったが我慢出来ずに泣いてしまった。恥ずかしい。

帰りには主題歌である平井堅のCD買う。
部屋で聴きながらどっぷり浸っちゃったりして。もう重症ですな。

指先の花

2004年07月07日(水)
昨日買った本、まぁせっかく買ったんだし...と思い、無理矢理最後まで読んだ。
すんごい斜め読みしたから、読んだって言うより目を通したっていう感じ。
映画&TVとは内容というかイメージが随分違うんだな、っていうのが感想。もちろん大筋は同じなんだけど、なんか別物っていう感じがした。


今日は映画版『世界の中心で、愛をさけぶ』の外伝として出ている小説『指先の花』を買った。

指先の花

これは映画を踏まえた内容なんで、 なんの違和感もなく読めて感動。
涙ポロポロ流れちゃって、おいおい字が読めねーよ。

原作小説

2004年07月06日(火)
世界の中心で、愛をさけぶ

ハマった勢いで『世界の中心で、愛をさけぶ』の原作本を買った。
だけど40ページくらいいったところで読むのをやめた。
映画やTVでの朔太郎がイメージにあったんで、原作の優等生っぽくて変に大人びた朔太郎がなんだかイヤ味に感じた。
どうも好感持てなくて感情移入できなかったんだ。

なんか損した気分。新品じゃなくて古本屋で買えば良かったな。
くやしいからやっぱもう1回映画観にいこっと。

ゆうパック

2004年07月04日(日)
先日、来月にLIVEをやらないかと誘いを受けた。
やる曲を聴いてみてから決めたかったんで、送ってもらうよう頼んだ。
それが今日届いたんだけど、とりあえず、まず笑った。

ゆうパック

だってMDたった1枚送るのに “ゆうパック” で送ってくるんだもん。
こんなの普通に封筒で送ればいいのにさ。

聴いてみたんだけど、ジャズっていうかソウルっていうか、とにかく私が楽しんで弾けるような曲じゃなかったんで断っちゃった。残念。

純愛

2004年07月02日(金)
今、私の中で “純愛” が密かにブーム。
SMなんぞしてて何寝言コイてんだっていう感じだが。

そ。すっかり『世界の中心で、愛をさけぶ』に感化されてしまった私。
良かったよぉ。あの映画。もう1回観に行こうかなって思ってるくらい。

今日からTV版が始まったよね。

世界の中心で、愛をさけぶ

映画観てるから展開が多少じれったく感じるけど、なかなかイイかも。これから毎週楽しみだ。

あっ、でもひとつだけツッ込ませてちょーだい。
映画版の森山未來が大人になって大沢たかおになるのはさほど違和感なかったけど、TV版の山田孝之が大人になると緒方直人ってどうなん?
全然似とらんがな(苦笑)。

それにしても映画版にしろTV版にしろ、見てるとすっごい昔を思い出す。
私は田舎育ちだったから、まさにあんな感じの風景の所で中学時代を過ごした。
亜紀と同じように陸上部だったしね。
そんでもって初めての恋愛...。
ドラマを見てると懐かしい場面が満載で浸っちゃう。
あんな頃あったよなーって。

どこでど~間違って、今こんな変態になっちゃったんだろーか。

navi

« 2004年08月 2004年06月 »


INFORMATION
2016年末で新規の方の個人プレイの受け付けは終了とさせて頂きました。
過去に一度でも私とプレイした事のある方につきましては今まで通り受け付けています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内検索
RSS
スマートフォン版